法律事務所アクロポリス 代表、
弁護士の鈴木 康晃です。

今回は,交通事故に関する話題に戻り,弁護士に依頼した場合の経済的なメリットについてお話致します。

弁護士に依頼しなかった場合と依頼した場合とで
最も差が生じるところは,慰謝料の金額です。
まず,弁護士に依頼しなかった場合を見てみましょう。

弁護士に依頼しなかった場合,当然ながら被害者の方ご自身で相手方保険会社の担当者と交渉をしていくことになります。

この場合,相手方保険会社から提示される慰謝料の金額は,各任意保険会社が設けている基準(以下「任意保険基準」と言います。)に基づいて算出されたものとなるのが一般的です。

ところが,弁護士に依頼して,弁護士が被害者の方の代理人となると,相手方保険会社の担当者はいわゆる裁判基準という基準に基づいて算出してくることが多くなります。

この裁判基準に基づいて計算すると,任意保険基準よりも高額となります。

つまり,被害者の方ご自身で相手方保険会社の担当者と交渉するよりも,弁護士に依頼して代理人として相手方保険会社と交渉してもらった方が慰謝料の増額を図ることができるということになります。

しかも,弁護士費用特約に加入していれば,
弁護士費用は保険から支払われることになりますので,弁護士に依頼することによって増額できた慰謝料の分を被害者の方ご自身で手にすることができます。

もし不運にも交通事故に遭われてしまった場合には,ぜひ一度、当法律事務所までご相談頂けたら、力になることができます。

法律事務所アクロポリス 代表
弁護士 鈴木 康晃

〒338-0001
埼玉県さいたま市中央区上落合3丁目13-36
ツインクレスト童夢I-101号

★お気軽にお問合せください

TEL: 048-699-5041
メール: info@suzuki-yasuteru.jp